HOMEColumn前略、ドライブ中に出会った貴方様 > 五通目「お詫びを申し上げます」

五通目「お詫びを申し上げます」

 いまだに忘れられず、心を痛めている出来事がございまして、ここにお便りを書かせていただきましました。
 マニュアル運転免許証を取得し数年。初めてマニュアル車を購入させていただこうと思い立ち、いよいよ納車の日を迎えました。
 中古車販売店にクルマを引取りに行った帰り道のことでございます。
自動車教習場で習った坂道発進を駆使し、激しいアクセル音とともに、必死に格闘したのですが、あまりの急な坂道に対応できず、スルスル、スルスルとわたくしのクルマは後方へ下がっていきました。

 そのときです。貴方様とお会いしたのは。
貴方様は下がってくるわたくしに対して、クラクションを鳴らすこともせず、すみやかに紳士的に対応し、反対車線からわたくしのクルマを追い越してくださいました。

 本当にさぞ、驚かれたことと思います。しかしわたくしは、貴方様の冴え渡る判断により、九死に一生を得ました。

 追いかけて御礼を申し上げたかったのですが、わたくしのクルマはそのままスルスル、スルスルと下がり続け、さきほど勢いよく出た中古車販売店の出入り口までバッグで戻っておりましたゆえ、御礼を申し上げることが困難な状況でございました。

 販売店のスタッフのかたも血相を変え「お客様〜、大丈夫ですかー」と駆け寄ってきてくださいました。

 その節は誠にありがとうございました。
 そしてみなさまに心からお詫び申し上げます。

Text:カーライフレシピ制作委員会
あなた様の思いを代筆させていただきます。

クルマでお出かけした先で遭遇したドライバーのかたがたにお伝えしたい、教えてあげたい・・・など、
あなた様の思いやエピソードをお聞かせください。
採用者には編集部よりメールでご連絡させていただきます。

印は必須項目ですので必ずご記入ください

■お名前
■ふりがな
■掲載用のペンネーム
■メールアドレス
■確認用メールアドレス
(確認のためにもう一度ご入力ください)
■性別
■年齢
■乗っているクルマ(または家族のクルマ)
■エピソード
■カーユニ編集部へメッセージ&質問、みなさんの声を聞かせてください。