HOMEContents24時間トリップのススメ > vol.1 サクラ色の海の宝石を求めて 〜静岡県にある沼津港へ〜

24時間トリップのススメ

vol.1サクラ色の海の宝石を求めて 〜静岡県にある沼津港へ〜
桜海老
旅行画像 富士山
 

 テレビできらきら輝く、生桜海老を見た。透明度の高い桜色をした小さな海老。ぷりぷりした食感と、甘み。初めて生の桜海老を食べたときの感動があざやかに脳裏に蘇る。

生桜海老の国内水揚げ量の100%は駿河湾産。3月下旬から6月上旬と、10月下旬から12月下旬、2回にわたって漁が行われている。桜海老の漁は夜間に行われるそうだ。桜海老は昼間や月夜は、200〜300mの海の底で生息し、闇夜になると20〜60mの水深まで上がってくるという特性をもっているらしい。

 きらきら輝く桜海老の映像を見たのは、4月のはじめ。まさに水揚げされたての生桜海老がおいしい時期。いてもたってもいられなくなり、さっそく休みが合う友人に声をかけてクルマで出かけた。

 ドライブの目的は、たったひとつ。「生桜海老を食す」こと。むかしはドライブというと、あれやこれやいろいろとプランを練ったものだが、いまはたったひとつ、目的があればいい。明確でシンプルな目的を達成したときの清清しさもとても心地いい。

都心から高速道路を使って、約2時間で沼津港へ到着。ちょうどランチタイムどき。窓を開けるとより強く潮の香りがした。ふだん感じない風のニオイと土地の空気にますます「旅」気分が盛り上がる。

駐車場にクルマと停め、まずは「生桜海老丼」を食すことが出来る店探し。沼津港周辺は、獲れたての魚が食べられる店がひしめきあっている(地図が欲しいかたは、沼津観光協会のホームページでダウンロードが可能)。

あちらこちらと散策しながら暖簾とメニューをたどり、一軒のお店の前で足をとめた。「お食事処 ふみ野」。店先にあった桜海老丼の写真と、賑やかな通りから少し奥まった場所であったことが何となく誘われた。「ふみ野」の暖簾をくぐると、予想通り、とても落ち着ける雰囲気があった。畳とカウンターがあったがテーブル席を選択。メニューを開かずとも注文は決まっている。

 待つこと数分。透き通る桜色した海老が盛られた丼が目の前に置かれた。視覚、食感、味覚、すべて美味。今朝水揚げされたばかりという生桜海老は、ここでしか味わえない新鮮さ。じっくりと味わっていただいた。食べ終えたばかりなのに、またすぐに来たい!と思わせる。

 クルマはいつでも思い立ったときに、旅空間へ飛び込むことができる。クルマのある生活はやっぱり辞められそうに無い。

東名高速道路

朝10時に出発。東名高速道路東京インターから沼津インターへ。沼津インターから沼津港までクルマで約30分。

  ぬまづみなとパーキング1号棟

立体駐車場「ぬまづみなとパーキング1号棟」の利用時間はAM10:00〜PM10:00まで。最初の1時間は200円。以降1時間100円。

  沼津港大型展望水門 びゅうお

地震による津波から市民を守るために作られた沼津港大型展望水門「びゅうお」。地上約30mの展望回廊からは富士山を望むことができる。入場料大人100円。小・中学生50円。

お食事処 ふみ野

「お食事処 ふみ野」。営業時間はAM5:30〜16:30。土曜日はAM11:00〜16:30。定休日は火曜日。
055-952-3923

カフェ176

食後のコーヒータイムに立ち寄った桜海老のシフォンケーキを用意する「カフェ176」。魚を使った定食もおすすめ。定休日は水曜日。
055-963-0176

沼津 みなと新鮮館

地産品が目白押しのマーケットモール「沼津 みなと新鮮館」。そのほか沼津魚市場「INO(イーノ)」もおすすめ。早朝なら市場のセリ見学が可能。

港総合卸売センター 海幸市場

港総合卸売センター「海幸市場」。食事処もひしめきあっているので、店先に並ぶメニューを見ながら選ぼう。

海幸市場

「海幸市場」で見つけたおみやげ。お酒のつまみ探しにぴったり。

干物

歩けば目に入るおいしそうに並ぶ干物。おいしい干物の見分け方、保存の仕方などレクチャーしてもらおう。

今回のドライブ旅のおとも・・・

My Car Item

クルマの中で充電!『携帯電話の充電器』

カーユニ編集部が選ぶ、車内に常備したいカー用品ベスト3にランクインするのがシガーソケットの電源を使って充電するタイプの『携帯電話の充電器』。カー用品ではさまざまなカラーバリエーション&デザインが施された携帯電話の充電器が用意されているので、自分好みで選ぼう。写真はセイワ製の女性向けブランド「ICarシリーズ」のもの。ラインストーンシールが付属されているので好みでデコレーションできる。コードは中央のボタンを押せば自動巻取り式。カラーはピンクとブルーの2色展開(参考価格:1,290円)

セイワ 03-3877-5546
http://www.seiwa-c.co.jp
携帯電話の充電器
携帯電話の充電器