HOMEContents24時間トリップのススメ > vol.5 意外と身近にある、明日も頑張ろう!という活力 〜高尾山へ〜

24時間トリップのススメ

vol.5意外と身近にある、明日も頑張ろう!という活力 〜高尾山へ〜
小豆島へ
天使の散歩道(エンジェルロード)
小豆島オリーブ公園(ギリシャ風車)
 

 東京からだとクルマで1時間ちょい。
気軽に行ける癒しのスポット、高尾山へ行ってきました!

 行った日は2月の寒〜い時期の平日!ということもあり、寒ささえこらえれば、比較的人は少なめでゆったりとした気分で高尾山巡りができました。

 近ごろの高尾山はパワースポットとしても紹介されていて人気はうなぎ上り。加えて女性陣から巻き起こった“山ガール”人気も手伝ってその人気はさらに加速中。

 そもそも平成19年に富士山と並んでミシュランの三ツ星に指定された高尾山には魅力がいっぱいある。展望台から望む関東平野を見渡せる絶景や天気の良い日は山頂から富士山の姿を拝むコトもできるし、その日の気分や自分の体力にあわせて選ぶことができるバリエーション豊な登山コースも人気を集める理由のひとつ。

 さらに散策途中に出会う美しい自然の息吹を感じる場所に、たたずむ茶屋の存在も魅力的

 今回は山麓駅から山上駅までエコーリフトに乗り、山上駅から約60分かけて山頂まで行くコースを選択

 リフトに乗ってショートカットしたものの、山頂へ到達するとそれなりに山登りした!という達成感も味わえた。

 意外とこんなことで明日への活力につながるから面白い。

 帰り道はコースを変更〜。

 つり橋からの景観を眺めることができる4号路をセレクト。ずーっと下りなので、行き道よりも断然ラク。山々の景色をたのしみながら、お散歩感覚で降りることが出来た。

 もちろん、帰り道もリフトを活用!!

 しばらくはこのコースでたのしんで、自信がついてきたら山麓駅から歩いて往復しよう!と思った(誓った)高尾山巡りの日でした(笑)

小豆島へ

ケーブルカーの乗り場。ケーブルカーは少々混雑していたのでエコーリフトを選択。

  フェリーから見た小豆島

季節によっては寒いけど二人乗りのリフトのほうが山々に抱かれているような気分に

  エンジェルロード

1号路は108の石段が続く男坂と坂道の女坂があり。登りきった先で合流します〜

中山千枚田(せんまいだ)

十一丁目茶屋。おすすめは焼だんごと甘だんごとコーヒーのセット(650円)

農村歌舞伎舞台

薬王院の四天王門の前にあるお蕎麦屋の「もみじや」。おやきもオススメ。

マルキン醤油記念館

ところどころにあるお団子屋さん。お土産に買ってかえるのもいいですね。

オリーブ園

山頂で食事も可能。下山後、高尾山麓に立ち並ぶお蕎麦屋さんを巡るのも楽しい。

二十四の瞳映画村

山頂にあるやまびこ茶屋でコーヒータイム景色を眺めながらほっと一息。

給食セット

帰り道は4号路をセレクト。山々の景色を思う存分楽しんで。

全6コース+1の選べる登山コース

高尾山の山頂に登るコースは全6コース+1用意されている。その日の気分、体調にあわせて選ぶことができるのも魅力。初めて登る人は、高尾山駅までケーブルカー、または山頂駅までエコーリフトで行き、そこからはお好みで1〜4号路のいずれかのコースで歩いて登るのがオススメ。ケーブルカー&リフトの料金は片道大人470円、小児230円。ときおり登山コースの一部が通行止めになっていたり、ケーブルカー&リフトの点検で運休になることもあるので、登山前は情報収集しておくと安心。

■高尾山公式ホームページ
http://www.takaotozan.co.jp
道後温泉
道後温泉