HOMEContentsスタイルnote > vol.5 コットンドリル製クッションで車内空間をスタイリシュに彩ろう

車内インテリアをカー雑貨でコーディネート

車内インテリア画像
車内インテリア画像
 

小休止や移動中・・・
心地よい眠りに誘うアイマスク

miboクッション 6825円

G.H.CARRIERE&Co.
045-710-0884
URL:http://www.ghcarriere.co.jp


イギリスの南に位置する海辺の街、ブライトンで誕生した「mibo」ブランド。クッションをはじめ様々なプロダクトは、1950年代のイギリスの海辺のリゾート地の風景からインスピレーションを受けたデザインや北欧デザインまで、人々の心にそっと寄り添ってくれるばかり。またmiboは環境も深く考慮。布製品は化学薬品を使わない100%の無漂白コットンを採用するなど素材選びにもこだわっている。

車内空間をお部屋化にするにあたって、用意したいアイテムは自分にとってお気に入りのクッション。助手席に置いたり、後部座席にいくつか並べれば、マイルーム感をよりいっそう高めてくれる。miboシリーズのクッションは、約40センチ×40センチで、車内空間には程よいサイズ。またシンプルであわせやすいスタイリッシュなデザインは、男女ともに使うことができるユニセックス的な雰囲気がただよう。コットンドリル製で手洗いが可能なことも嬉しいポイント。
カー雑貨画像

空間に華をそえてくれるクッションは、車内用にも用意したいアイテム。

  カー雑貨画像

後部座席に並べればお部屋感がよりいっそう高まる。おもてなしアイテムとしていかが?

カー雑貨画像

miboシリーズのClacket Laneランプシェード(小)、6300円。セラミックベースとセットで14700円。

カー雑貨画像

Matraversランプシェード(小)、6300円。優しいぬくもりをお部屋に。

空間に置くだけでスタイリッシュなアレンジ

『40×40センチの大きさが車内にジャストサイズ。あまりこのサイズのクッションは無いですよね? 空間コーディネートしやすいサイズだと思います。これまで車内にクッションを置く感覚はありませんでしたが、助手席、後部座席においておくと、誰かを乗せたときに楽しみながらくつろいでもらえると思いますね。僕個人的には、柄が気に入りました。家のリビングルームのクッションの上にも並べておいてみたくなりました。手触りもよく上質感もいいですね』
カーユニ特派員 No.013

Photo:Katuyoshi Kobayashi(FORECAST)