HOMEPROJECTRUNプロジェクト > vo.4 とんがりガールズスタッフ・Azuのレースレポート! 気軽に参加できる「K4-GP」の魅力とは?
RUNプロジェクト
 
RUNプロジェクト【 観る・触れる・走る! 】
とんがりガールズスタッフ・Azuのレースレポート!
気軽に参加できる「K4-GP」の魅力とは?

女性が三人エントリー!
ビギナーにおすすめのレース

今回、私こととんがりスタッフAzuが参戦したのは、軽自動車でレースを行う「K4−GP」。見るだけでも楽しめるクルマがたくさんエントリーしているので“軽自動車のお祭り”といった雰囲気でした。開催場所は、静岡県に位置する富士スピードウェイ。このレースに出るためには「K4−GP専用ライセンス」が必要になります。ライセンス講習会では、レース全体の流れや、サーキット走行のルール、旗の意味など、参加に必要な事は一から学ぶことができます。

今回私が参戦したチームは、このRUNプロジェクトで過去に登場しているガレージデライト代表の巽氏が率いる、レディースレーシングチーム。なんとメンバーには、レースは初めてという現役レースクィーンが二人! レース本番前には、レーシングシミュレーターを使って特訓を重ねてきたという本気っぷり。

参戦車両は、K´sMART&ガレージデライトのコラボ企画から生まれた「エッセノーヴァ」。ダイハツエッセをベースにフィアット仕様に仕上げたもので、このモデルでレースに出るのは今回が初。ベースがエッセだとは分からないほど、クラシックな雰囲気が素敵なクルマでした。幅広いユーザーに乗ってもらえるようにオートマチック車を使用。私自身、オートマチック車でのサーキット走行も初めて! マニュアル車と比べて走り方はどう違うのか、当日でないと分からなかったので、 ドキドキとワクワクが止まりませんでした!

     
スーパーGTやS耐、ラウンドガールなどを務め、スケジュールの合間にサーフボード片手に海へ行くことが趣味という、アクティブな“カヤさん”と、S耐や鈴鹿8耐、幅広いジャンルのイベントガールを務め、いずれ乗ってみたいクルマがたくさんあると楽しそうに話していた、クルマ好きの“アンリさん”です。黒いスーツがアンリさん、赤いスーツがカヤさん。

初めて乗るクルマと、初めて会う仲間。
K4−GPには、たくさんのドラマが溢れていた!

レース当日は朝から小雨&霧という悪天候。練習走行が始まる頃には霧は晴れたものの、コース上はまだ濡れていたので、安全第一で走ることに。初めて乗ったエッセノーヴァは、とても軽快で、軽自動車ということを忘れてしまうような気持ちよさがありました。じつは私のマイカーも同じエッセ。でもノーマルなので、より違いが分かりやすく感じました。

いよいよ決勝レースのスタート。決勝レースはおよそ500qを走る、5時間耐久レース。チームのみんなと一緒にゴールを目指すのが目標です。K4−GPの面白いところは、ただ速く走ってもダメというところ。ガソリンの量が決められているので、各チームでは燃費の計算に四苦八苦する姿も。サーキットだけど、エコラン。エコランだけど、レースっていうところもこのレースの大きな魅力。私は二番手でコースインし、約一時間の走行を担当しました。コースにいるのは全て軽自動車ですが、改造範囲が違うクラスも一緒に混走で走るので速度差があります。気が付いたらすぐ後ろに速いクラスの車がいたということもありましたが、スマートな抜き方をするドライバーばかりでしたので、安心して走りを楽しむことができました。担当した一時間は長いようで、終わってみればあっという間。もっともっと走っていたい〜と思ってしまいました。

     
「アクセルを早く踏み込み過ぎるとクルマに負担がかかって、燃費は悪くなるから」と巽氏からのアドバイス。時折、ヘルメットに装着した無線からも指示が入り、走行中でも心強く感じていました。

本気で笑って、本気で楽しむ時間
とんがりガールズチームで参戦したい!

レースの結果は出なかったけど、初めて参戦したK4−GPは、改めてクルマを好きになるきっかけをもらえました。このイベントに参加しているみなさんと過ごす時間が本当に楽しかったです。中でも驚いたのは、クルマにトラブルが起きたとき。自分のチームのクルマだけでなく、他のチームのクルマにもすぐさまサポートをしに行くという姿勢。本当にクルマが好きな大人たちが集まって、本気で楽しんでいるのだと実感しました。

大人になると、本気で笑ったり本気で楽しむことって少なくなりがち。でもこのレースには、たくさんの素敵な本気があふれていました! いずれはとんがりガールズでチームを作って、皆で参戦してみたいなと思います!

     

魅力的なフォルムのエッセノーヴァ。
街中を走れば注目の的!?

レースに使用したエッセノーヴァ。
実は自分の愛車にすることも可能です。
車両持ち込みでカスタム、もしくはコンプリートカーをそのままマイカーとして購入することが出来ます。
車検も問題ありません♪

お問い合わせは、ガレージデライトへ。