HOMEContentsHappy Daysの法則。 > vol.4 MyコクピットでEco活!

Happy Daysの法則

vol.4MyコクピットでEco活!

1年中、愛車のMINIクーパークラブマンで四季を満喫しているゆりサンは、カレシにすすめられて訪問したコクピットで“タイヤ無料点検”を受けて以来、月1回ペースでお出かけしている。初訪問の緊張はすっかり消え去り、気分はわたしのクルマの専用美容室。さて、今回の訪問の目的は・・・?



  友人と小旅行、家族でショッピング・・・。
彼女のMINIとの生活は秋の深まりとともにますます忙しくなっている。

でもそんな日々もマイカーの美容室、もとい、マイカー専用の“コクピット”を見つけてからは心地よい。

彼女は月1回、コクピットに行くだけでなく遠出するときは自分でもタイヤのエア圧を確認するようになった。

「たったこれだけのことなのにMINIとのコミュニケーションが高まったような気がしています(笑)」。

本日も他県にある花屋さんまで遠出。

「クルマで通りかかったときに発見して以来、大切なかたへ贈り物したいときに利用しています。ここには珍しい切花が揃っているんです」。

遠出のお買い物もクルマがあればノンストレス。
自由に行きたい場所へ。これがオトナのクルマ生活の醍醐味のひとつです。

撮影協力
Papa’s Garden(パパスガーデン)

住所 東京都練馬区東大泉2-9-7
TEL 03-5933-2772
営業時間 10:00〜20:00
定休日 年中無休(年始を除く)
BLOG http://www.papasgarden.jp/

香りに敏感なゆりサンはロングドライブ後のリラックスタイムでもお香、アロマテラピーを日常に取り入れている。

そんな彼女が見つけたニューアイテムが、車内でアロマテラピーができる『ドライブタイム スターターセット』。

セットされているオイルをディフューザー内にあるオイルパッドに2、3滴たらし、ディフューザーをシガーソケットに差し込めば準備完了。ふんわりと車内にアロマの香りが漂う。

ひとりドライブの時の気分転換にもピッタリなアイテムだけど、誰かを乗せる前にセットしておけば、香りのおもてなしとしてもお役立ち。

「香水が苦手な彼もオレンジグレープフルーツのアロマオイルはお気に入り」と、ドライブデートのときも愛用中。

 
車内でアロマテラピーが楽しめる「ドライブタイム スターターセット(1,995〜2,415円)」。香りはオレンジグレープフルーツ、ミントユーカリ、ラベンダーミント、ローズマリーシトラスの4種類。
アットアロマhttp://www.at-aroma.com/
オンラインストアhttp://store.at-aroma.com/


  彼女のエコ活動はとても自然体。
エコバックを買うのでは無く、荷室の収納として使っていたバスケットをエコバックとして代用したり、シャンプーや洗剤といった日用品は詰め替え用を選ぶ。

また買い溜めもしない。必要なときに必要な分だけを購入。
無駄を省いて無理をしないが彼女のやり方。

月1回のペースで行くコクピットへの訪問もそんな彼女のライフスタイルに寄り添うもの。
まとめてMINIのメンテナンスをするのでは無く、季節やクルマの使い方に応じて適したメニューを選んでいる。

「年に1回ではなく、美容室感覚でこまめにお出かけしたほうがクルマの調子も分かりやすいし、長く乗る秘訣かな?と思います。メニュー選びに困ったらスタッフのかたがベストチョイスをしてくれるので安心です」。

今回の彼女の目的はエンジンオイル交換。
彼女にとって月1回のコクピットへの訪問は、長くMINIと付き合うためのエコ活でもあるのです。

街乗り派からロングドライブ派、はたまたスポーツドライビング派まで各種エンジンオイルをとり揃えているコクピット。クルマの使用状況やオーナーの好みに合わせてエンジンオイルをチョイスしてくれるので安心

「古くなったエンジンオイルを
そのままにしておくと、燃費悪化を招く原因にもなるんですよ」とレクチャーを受けたゆりサン。

クルマの特性、使用状況によっても変わるけど、エンジンオイル交換の目安は、走行距離が5000kmを超えた辺りが良いタイミング。

エンジンオイル交換2回に1回の割合でオイルフィルターも交換するとなおgood また季節にあわせて交換することも燃費アップの秘訣になるそう。

「もったいないからとエンジンオイルの交換を先延ばしにしていたらクルマにとっても良くないし、結果的に“無駄”につながるんですね」。

クルマの心臓部、エンジン内を保護する役目を担うエンジンオイルの大事さを改めて知った彼女なのでした。



  今回コクピットにお出かけしてもうひとつ、彼女が学んだことは、オイルの品質表示と粘度表示。
「0W-40の“W”がWINTERの略ということを初めて知りました(笑)」。

Wの数字が小さいほど低温時でもオイルが固まりにくく、左側の数字は大きいほど高温時でもオイルは柔らかくならずに固さをキープする特性があることを示している。
品質表示はAPIが決めたエンジンオイルの品質を示すもの。最新の規格表示がSM。これは環境性能、省燃費性能により優れたオイルということを示している。

「クルマに適したグレードのエンジンオイルを選ぶこと、季節にあわせてオイルの粘度を選ぶことは、快適に、ハッピーにマイカーと付き合うコツなんですね」。

今回彼女が選んだエンジンオイルは高性能のスポーツ車、ヨーロッパ車に推奨している『モービル1』。API規格はSMで、粘度は0W-40。「表示を知ることでエンジンオイル自体にも興味が沸いてきました♪」とゆりサン。
My Carプロジェクト   コクピット店舗検索   リフレッシュメンテナンス
撮影協力:コクピット21世田谷
http://21setagaya.cockpit-shop.jp/

Photo:Katuyoshi Kobayashi