HOMEContentsHappy Daysの法則。 > vol.3 秋色ドライブ前にマイカーの健康診断

Happy Daysの法則

vol.3秋色ドライブ前にマイカーの健康診断

1年中、愛車のMINIクーパークラブマンで四季を満喫しているゆりサンは、カレシにすすめられて訪問したコクピットで“タイヤ無料点検”を受けて以来、月1回ペースでお出かけしている。3回目となる訪問はお買い物ついでに立ち寄った様子。カノジョの生活の充実はクルマがあってこそ。さて、今回の訪問の目的は・・・?



  夜風が涼しくなってくるとマイカーのご機嫌の良さが一段と増したような気がしませんか?

そんな心地よさ気なマイカーの様子を見ていると、いつものカフェ、いつものレストランではなく、ちょっと遠くまでクルマを走らせたくなる・・・。

MINI乗りのユリさんもそのひとり。
秋の訪れを感じると自然に新しいドライブスポットを探しながらおいしいもの巡りにマイカーを走らせる。

今回訪れたカフェも夏の終わりに彼女が見つけた場所。
閑静な住宅地にあるNOISIA(ノイジア)は、パスタ、パエリアといった一品料理から充実のコース料理の用意があるイタリアンレストラン。

秋風が吹くままに、空いた時間を有効に使ってマイカーとおいしいもの巡り。新しい発見につながる寄り道ドライブはオトナならではの楽しみ方かも。

撮影協力
NOISIA cafe(ノイジアカフェ)

住所 茨城県鹿嶋市緑ヶ丘1-7-12
TEL 0299-82-5115
営業時間 ランチAM11:00〜PM15:00/カフェPM15:00〜PM17:30/ディナーPM17:30〜PM22:00
定休日 第1&第3火曜日ディナー時のみ
BLOG http://ameblo.jp/noisia/

エコロジーにつながるアイテムを上手に日常生活で取り入れているゆりサン。
そんなカノジョのいま一番のお気に入りアイテムが、ビニール傘の持ち手部分をカバーリングするアンブレラグリッパー。

「透明のビニール傘はつい買ってしまうし、つい置き忘れてしまうことも・・・。でもカバーをつけるようになってからは愛着度がアップして、まず置き忘れることが無くなりました」。

予期せぬ雨の日。
ついコンビニエンスストアに透明のビニール傘を買いに走るという経験は多くのかたが経験しているのでは?

透明のビニール傘の年間消費本数は7000〜8000万本ともいわれている。 そんな無くしがちな透明傘もひとつ自分流を加えることで長く使える傘に変身!

 
ウエットスーツなどでもよく使われているポリウレタン伸縮性のある布で接着した生地を採用。写真はオレンジ×ブルーとハートパターン(価格472円)。デザインバリエーションは豊富にとりそろっている。
ノルコーポレーションhttp://www.nolcorp.co.jp


  友人と久しぶりのショッピングデート。
待ち合わせ時間よりも早く到着した彼女は『コクピット』へ立ち寄った。
クルマを停めてエントランスをくぐると、最初に目に飛び込んできたのは“バッテリーの無料点検”の文字。

そういえばこの夏。
カレと出かけた先で何度かバッテリー上がりのクルマと遭遇した。

「バッテリーにも寿命があるから定期的に点検しておいたほうがいいよ。とくにヘッドランプ、ワイパー、エアコンなどを同時に連続して使う時期はかなりの電流を消費するからね。それにJAFの出動件数がもっとも多くなるのは12月。救援依頼の内容はバッテリー上がりが断トツなんだよ(※JAFホームページより)」。

そんな彼の言葉を思い出した彼女はさっそくバッテリーの無料点検を依頼。空いた時間で気軽にマイカーの健康チェック。

以前なら素通りしていた愛車の休息場所=コクピットは、彼女に有意義な時間の使い方を教えてくれる。

店内にはタイヤ、ホイール、ドライブ小物が置いてあるだけでなく無料でいただけるドリンクサーバーやパソコン、雑誌等の用意もある。マイカーの点検&作業中は待ち時間をゆったりと過ごせる工夫がいっぱい。

バッテリーには寿命があり、
早いケースで2年、長くても4、5年使えば劣化する。

とくに寿命を縮める原因は、日ごろクルマに乗る機会が少ないかたや近所のスーパーや送迎といったちょい乗りがメインのかたのクルマはバッテリー上がりを起こしやすい。

「エアコン、ヘッドランプ、ワイパーといった電装品を使いつつ、渋滞でブレーキを踏み続けると走りながらでもバッテリー上がりになる可能性もあります。夏にそういう場面が多かったかたは1度点検してみると安心です」 と店長からレクチャーを受けたゆりサン。

「メンテナンスフリータイプでも日ごろのチェックが安心してクルマとのお出かけを楽しむコツですね」と学んだ彼女なのでした。



  初めてコクピットへ彼女が出かけたのは彼に勧められた『タイヤの無料点検』。

最初は無料サービスだけを受けに行っていいものなのか気が引けた彼女だったけど、マイカーの健康状態が明確にわかってくるとふだんのクルマ生活もより充実感を得られるようになってきた。

「何よりクルマと出かけた旅先でクルマのトラブルで立ち往生するのは時間がもったいないですよね。せっかくの遠出はおもいきり楽しみたい」。

“たぶん大丈夫・・・”とマイカーの健康管理をやり過ごす生活から、月1回の点検で心地よく過ごすクルマ生活を手に入れた彼女。
潤いのある充実した大人のクルマ生活を送る秘訣は、オーナーが愛車の健康をきちんと把握することなのかもしれない。

エアコンファン、ワイパー、ブレーキランプ、パワーウインドウ、デフォッガー(窓ガラスが曇るのを防ぐ装置)などバッテリーを使う電装品はいっぱいある。「季節の変わり目はバッテリー点検を行いたいですね」とゆりサン。
My Carプロジェクト   コクピット店舗検索   リフレッシュメンテナンス
撮影協力:コクピット21世田谷
http://21setagaya.cockpit-shop.jp/

Photo:Shinpei Suzuki(CAPTURE01&02)/Katuyoshi Kobayashi(CAPTURE03&04)