HOMEContentsHappy Daysの法則。 > vol.2 マイカーのエステサロンを見つけた!

Happy Daysの法則

vol.2マイカーのエステサロンを見つけた!

彼氏に進められて夏本番を迎える前に“無料タイヤ点検”を受けたMINIクーパークラブマン乗りのゆりサン。彼女の生活の充実は車があってこそ。カノジョと車の関係から、カノジョ流、ハッピーカーライフの秘訣に迫ります!


  早起きした朝、または仕事が早く終わった日は、MINIにサーフボードを乗せてゆりサンは海までクルマを走らせる。

仕事場から海まで約40分。
そんな立地条件の良さと、シートを倒せばサーフボードが積めるMINIの意外な容量の大きさも彼女をアクティブにさせる理由のひとつ。

サーフ歴4年の彼女にサーフィンの魅力を聞いてみた。

「海の上で波を待つ時間、サーフィンに集中している時間はとても心地イイ。海までクルマを走らせる時間も含めてわたしにとって大切なひとときです」。

彼女にとってサーフトリップの時間は、サーフボードをクルマに積んだ瞬間から始まるそう。

彼女がいつも変わらず元気でいられるのは、いつでも相棒のアクセルさえ踏めば元気をチャージできる場所へ行けるからなのかもしれない。


ニュートラルに海と向き合う時間は自然の恵みを感じるひととき。
サーフィンを通して海で過ごす時間が増えてからというもの、彼女はごく自然に地球環境への思いやりについて考えるようになった。

そんな彼女が選んだエコバックはアンティークレース模様があしらわれた『マハロバスケット』。

ふだんのお買い物のときはショッピングバッグとして、サーフィンのときはウエットやタオルなど濡れた小物を収納するケースとして使っている。

「散らかりガチなラゲッジルームの整理整頓にもぴったり。家と車内の間を気軽に持ち運べる手軽さも気に入っています」。

毎日使える使い勝手の良さと自分にとって心地よいアイテムは、モノを大事に長く使うコツともいえそう。

 
バスケットと、中にぴったりと収まるインナーバックも別売りで用意されているマハロバスケットは、アウトドアからショッピング、お家&車内の収納ボックスとしても使えるマルチなバスケット。
マハロカンパニーhttp://www.e-mahalo.co.jp


  ちょうど1カ月前、カレに勧められて『コクピット』で無料のタイヤ点検を受けた彼女。

そのとき店長に教えてもらったメンテンナンスメニューの中でひとつ気になるものがあった。それは“チッ素ガスの充てん”。
タイヤへ空気の変わりに“チッ素”を入れるというもので、なんでもタイヤを長持ちさせる秘訣のひとつらしい。

サーフィン仲間にも聞いてみたが、どこかで耳にしたことがある人もいたけど、具体的にどういうものなのか知る人はいなかった。

でも「タイヤを長持ちさせる方法なら知りたい!」と、波を求めているうちに走行距離がどんどん伸びてしまうサーフィン仲間も興味津々。
カレにも相談すると「百聞は一見にしかず、試してみたら?」とのアドバイス。

これまで車検以外でクルマのメンテナンスを考えたことはあまりなかったけど、自身が海で癒されるように、相棒にも癒しの時間があってもいいのかも・・・と思った彼女は2度目の訪問へ。

2度目の訪問はお買い物の合間にお立ち寄り。「チッ素ガス充てん」の申し込みを済ませたあとは、コーヒーブレイク&店内でウインドウショッピング。ゆったりとした待ち時間を過ごせる空間があることもうれしいポイント。

『チッ素ガスの充てん』は
コクピットでオススメしているリフレッシュメンテナンスメニューのひとつ。

チッ素ガスは空気に比べて抜けにくく、温度変化に対してタイヤの内圧変化が少ないということが特徴。

「空気よりもチッ素ガスのほうが“適正空気圧”を保つことが可能なんです。例えば高速道路等を走行すると、タイヤ内部の空気中の水分が気化してタイヤの内圧は上昇します。でもチッ素は湿度がゼロなので内圧上昇が抑制できるんです。その結果、高速走行時の安定性や乗り心地が向上、転がり抵抗も減るので燃費向上、タイヤの編磨耗を防ぐといった効果が期待できるんですよ」

と店長に教わったゆりサン。
さっそく新しいメニューに初トライ!



  「これまで走行時にタイヤが発熱することや内圧が変化することを意識したことが無かったので、チッ素ガスのレクチャーはとても新鮮でした」とゆりサン。
そしてもうひとつ大きな収穫が・・・。

「自身のケアは毎日行っているし定期的にエステも通っているのに、毎日乗っているクルマのケアは、ほぼノーメンテ。相棒にもエステ(笑)は必要ですね」。

海や山へ出かける機会が多い彼女が、白い肌をキープしているのも日々のケアのたまもの。クルマのケアも美肌キープと同じで、目に見える効果を即、実感できるものでは無い。

日々のチェックと定期的なケアこそがクルマの健康美を保つコツで、長く、安全に楽しむ秘訣なのだということを改めて知った彼女なのでした。

コクピットでメンテナンスメニューを受けるともらえるのが『PIT in REPORT』。行ったメニューを記入してくれるので、マイカーの健康カルテのようなもの。タイヤの空気圧管理もこれでばっちり!
My Carプロジェクト   コクピット店舗検索   リフレッシュメンテナンス
撮影協力:コクピット21世田谷
http://21setagaya.cockpit-shop.jp/

Photo:Shinpei Suzuki(CAPTURE01&02)/Katuyoshi Kobayashi(CAPTURE03&04)