HOMEContentsHappy Daysの法則。 >vol.6 1年の締めくくり!マイカーへのご褒美はわたしへのご褒美です

Happy Daysの法則

vol.61年の締めくくり!
マイカーへのご褒美はわたしへのご褒美です
カレシに勧められ“無料タイヤ点検”を受けて以来、マイカーの美容室感覚で1カ月に1回、コクピットに訪れてきたMINIクーパークラブマン乗りのゆりサン。半年間、訪問して彼女が見つけたクルマとハッピーに過ごすための法則とは・・・?

  師走の忙しい間をぬって久しぶりの彼とのデートはナイトドライブ。MINIで仕事終わりの彼を迎えに行く。
彼の友人たちからは「彼女が運転出来ることもそうだけど、迎えに来てくれるシチュエーションは羨ましい」と言われているらしい。

加えて、月1度、マイカーの美容室、もとい、コクピットにお出かけしていることも感心されている。これには彼女もちょっと誇らしげ。

「クルマを大事にすることは、見た目をキレイにすることだと思っていたけど、タイヤやオイルの管理といった健康面のチェックも大事に長く乗るコツだということが分かりました」と語る彼女は、以前にも増してクルマとのお出かけが楽しくなった。

「外見も内面も磨く。まさに自分自身を磨く方法と同じ。見た目だけでは本当のカーライフの充実感は味わえないなっと思います」。


季節に合わせて車内に必要なドライブアイテムを用意する、MINI乗りのゆりさん。

そんな彼女のウインターシーズンの必需品はブランケット。とくに星見ドライブに行くときや夜景を見に行くときは寒さをしのぐブランケットは欠かせない。

また誰かを乗せるときはさりげない気配りアイテムとしても活躍。
使い古したブランケットは愛犬のプレイマットにし、今冬、車内用としてブランケットを新調した。

彼女が選んだのは日本未発売のノーザンフィールドのフリースブランケット。優しい肌触りと使わないときに手軽にまとめられるシンプルなデザイン、癒し系のカラーがお気に入り。

サイズと色違いでそろえれば、ブラックの室内に温かい差し色が加わる。

 
ノーザンフィールド製フリースブランケット(145×200cm)、とミニフリースブランケット(145×100cm)。カラーはパープルとブルーグリーン(水色)。素材はポリエステル100%。
アウトドアライフストアWEST(ウエスト)http://www.west-shop.co.jp


  1年の締めくくりとしてマイカーへのご褒美に・・・とMINI乗りのゆりさんが考えていたピットメニューがある。それは“4輪アライメント”。

初めて耳にしたときは、自分のクルマには必要が無いメニューかと思っていたけど、聞くところによると、やむを得ず急ブレーキを踏んで前のめりになったときや駐車所等で段差に乗るといったシーンで、4輪アライメントは狂うことがあるらしい。

「近ごろのクルマは素性がいいからアライメントが少しくらい狂ったとしても真っ直ぐ走る。だからドライバー自身は気がつかないことが多いけど、アライメントが狂っているとタイヤに無理な力が掛かることになるから、タイヤの片減りにもつながることもあるんだよ」と彼からも教えてもらっていた。

MINIに乗ってもうすぐ3年。自分では気がつかないところで狂いが生じている可能性は大きい。さっそくマイカーへの労いも込めて、初の4輪アライメントにトライ!

タイヤが地面に設置する角度は、
クルマごとに基準値が設定されている。この角度が基準値内からズレると本来のクルマの走行性能を発揮することが出来ない。

クルマに合わせて正しい適正値を測定して、ズレが生じていた場合は必要に応じて適正の位置に調整することが4輪アライメントの目的。

「アライメントの狂いは走る、曲がる、止まるといったクルマの基本性能をスポイル要素。アライメントは乗り心地や走行性能にも関わる部分なんですよ」。

真っ直ぐに走らない、ハンドルを切ったときに切れ方や戻り方に左右差がある、タイヤの肩減りが起こっているなどの症状が出たときは、4輪アライメントで出番!

心地よい走りを保つためにも1年に1度、施したいメニュー。



  彼女がアクティブに元気よく過ごせる理由はマイカーの存在が大きい。マイカーに乗り込めば彼女の気持ちひとつで心地よい自由が手に入る。そんな彼女のクルマ生活をより潤い豊かにしてくれたのがコクピットの存在。

「何かトラブルがあってから立ち往生するのではなく、美容院感覚で気軽に行けるマイコクピットがあることはとても心強い。彼に勧められたとはいえ、最初は“無料のタイヤ点検”だけでお店に行くのは申し訳無い気持ちもあって気が引けましたが、思い切って行って本当に良かったと思います」とゆりさん。

月1度のコクピットへの訪問はある意味、マイカーのご褒美時間。そしてそれは長いスパンで見ると自分へのご褒美にもつながるもの。

「マイカーと長く楽しく付き合うための最大の秘訣だと思いますね」。

My Carプロジェクト   コクピット店舗検索   リフレッシュメンテナンス
撮影協力:コクピット21世田谷
http://21setagaya.cockpit-shop.jp/

Photo:Katuyoshi Kobayashi